事故修理のご依頼は群馬県の金子自動車板金へ

1.車検証・プレートの確認

事故の修理を行う場合、修理車両の正確なデータを把握する事から始まります。

車検証を用意して、以下を確認
①車検証の「型式」を確認
②車検証の「車体番号」を確認
③車検証の「初年度登録年月」を確認
④車検証の「型式指定番号」「類別区分番号」を確認
ボンネットを開け、プレートを確認
⑤カラーコード/トリムNoを確認
⑥わかる範囲で、車名や特別使用車等の確認を行う
 (エンブレムや取扱説明書、内装部品などで確認)
以上のデーターをそろえる事により、車両のタイプを正式に確定させる事が出来ます。

2.事故状況把握

事故車両の場合、事故の状況により破損状態が異なる為、事故状況を確認しておく事が重要です。
※例1.
小さな追突事故の場合、キズもつかずヘコミも少ない場合が多々あります。
⇒塗装面にヒビ割れが起きる場合あり。
⇒追突の衝撃で内側の鉄板は凹んでも、表面のバンパーやウレタンだけは元の形状に戻ってしまう。
※例2.
縁石などで車両下部をぶつけた場合、外装にキズが無くても、予想以上に破損している場合があります。
⇒フレームが歪んだり、足回りを破損している場合があります。

3.コンピューターによる見積り

車検証のデータや事故状況を把握しましたら・・・
お電話」または「送信フォーム」にてお問い合せ下さい。

※注意:
お電話やメールでのお問い合わせの際は暫定的な回答となります。正式な見積りには現車確認が必要となりますのでご注意下さい。

※車検証やプレート確認が必要な理由

車両は同じメーカーで同じグレードでも、製造年月や製造場所で使用している部品が異なる場合があります。特別仕様車や限定車などは特に注意が必要です。
例:ストライプのデザインが違う / フロントグリルが違う / エンブレムが違う ・・・